コラム

電話占いを卒業したほうがよい人の特徴!一番危険な人とは

投稿日:

「電話占いにどっぷりはまってしまって、生活費まで注ぎ込んでしまう…」

「ついカードを使いすぎてしまって、リボ払いの借金だけが増える…」

ここでは本当にあった皆の「電話占い依存症」の話をしていきたいと思います。

電話占いを卒業したほうが良い人の特徴

電話占いを卒業したほうが良い人の特徴

  • すでに多額の借金を抱えている
  • 請求が払えなくて踏み倒した電話占いサイトがある
  • どんな些細なことでも相談してしまう
  • 自分の力で考えるのを止めてしまっている

生活に支障をきたさない月に数万程度であれば、ごくごく普通だと思います。月に10万~年間100万あたりから私もおかしくなってしまい、電話占いとは上手に付き合おうと決心した経験があります。

電話占いジプシーは別に依存症ではないよ

最初にご説明しておきたいことの一つに「ジプシー」と「依存症」はイコールではないということです。

ジプシーとは?

ジプシーとは、ヨーロッパを中心に各地に定住せずに散財していた民族のことで、転じて日本では「何かに定住できずに、居場所を探している人」の例えに使われています。

例えば自分に合う化粧品を探し求めている人を化粧品ジプシーなどと言ったりします。もともとジプシーという言葉そのものの文化的背景に差別的な要素が多いため、最近ではメディアなどでも自主規制され使われることは少なくなってきました。

自分に合う占い師の方や、電話占いサイトを探し求めてることが、依存症というのは間違っていると思うのです。

こういう人は電話占いを卒業しよう

本当にやばい依存症の状態というのは借金をしていたり、占い師の方に相談できないとまともに選択・思考することもできなくなっている状態です。

そして、最も危険な徴候は「辞めたいと思っているのに、辞められない状態」です。

電話占いを辞めたいのに辞められない人へ

四六時中触れているものに関しては依存症になりやすいので、電話占いサイトを退会したり、スマホを触る時間を減らしたりしてみると良いでしょう。

電話占いと依存症の関係性についてはこちらで詳しく説明しています。

そもそも電話占いをやめる必要がない可能性もある

本当に人智を越えた能力を持つ霊能力者や、未来を予知できたり、的中率の高い占い師と最初に出会ってしまうと、どはまりしてしまう方が多いのが電話占い。

しかし、そもそも電話占いをやめる必要がない可能性もあることを知っておいてほしいのです。

私は、借金を背負ってまで電話占いにハマってしまって、どうしたら電話占いを辞められるのか先生にたずねたことがあります。そもそもあなたにとってやめる必要があればやめたほうが良いですし、やめる必要はないんじゃないですかと言われて気づきました。

おすすめ記事

1

今回は、電話占いを初めて利用する方にぜひ知っていただきたい「電話占いサイトの初回無料特典」を利用したはしご方法を解説します。 初めてなので電話占いの雰囲気や流れを知りたい おおまかな鑑定結果を知りたい ...

-コラム

Copyright© 当たる電話占いランキング|皆の口コミ・評判を見る! , 2019 All Rights Reserved.